1. HOME
  2. 移住・ビザ
  3. タイへ移住計画|タイでの仕事の探し方
移住・ビザ

タイへ移住計画|タイでの仕事の探し方

移住・ビザ

64

タイへ移住したい、現地企業で働きたいと考えている方にとって、現地での仕事探しは不安要素の一つではないかと思います。
できれば日本に居ながら仕事を探してからタイへ行きたい、またはタイに行ってからスムーズに仕事が決められるようにある程度の予備知識を持ち、準備をしておきたいと考える人が多いのではないでしょうか。
今回はタイでの仕事の探し方について詳しくご紹介します。

 

日本からタイでの仕事を探す方法

日本からタイでの仕事を探す方法としては主に2つあります。

  • インターネットの転職サイトや掲示板を活用する
  • タイに法人がある日本の転職エージェントに登録する

それぞれの方法について詳しく解説していきましょう。

インターネットの転職サイトや掲示板を活用する

まず必ずやっておきたいのがインターネットのアジア専門転職サイトのチェックです。
アジアでの転職を希望する多くの人が活用しているサイトで代表的なものはリクルート社の運営する「カモメアジア」というサイトです。
タイで日本人を募集している企業や人材会社が毎日多くの求人を掲載していて、どんな仕事があるのかとイメージを膨らませるのに最適です。
登録不要で無料で閲覧が出来るので、まずはどんな仕事があるのか一度覗いてみるのをおすすめします。
カモメアジアWebサイト:https://kamome.asia/

タイに現地法人がある日本の人材会社に登録する

日本の人材会社へ登録する場合は、必ずタイに現地法人を持っている企業にしましょう。
タイで働きたいのになぜ日本の人材会社へ登録するのか、そこには日本の人材会社ならではのメリットがあります。
まずタイで就職したい旨を伝えれば、あなたのデータはタイの現地法人にも共有され、日本から応募可能なタイの会社を紹介して貰えます。
そして、日本にある人材会社ではタイ駐在員候補を探す日本の企業の求人もあり、運が良ければ駐在員として好待遇でタイ移住の夢を叶える事ができるのです。

タイに現地法人がある主な日本の人材会社は次の通り

  • リクルート(現地法人名RGF)
  • ネオキャリア(現地法人名リーラコーエン)
  • アデコ(日系ではありませんが、日本とタイ両方に法人あり)
  • JACリクルートメント

他にも数多くの人材会社がありますが、日本でもタイでも知名度の高い企業と言えば上記の4社です。

 

タイ現地で仕事を探す方法

タイ 仕事探し

タイ現地で仕事を探す場合にも同様に、インターネットの活用と人材会社への登録が必須となります。
他にも日本人向けのフリーペーパーに求人が掲載されているケースもあり様々な方法が取れますが、最もおすすめの方法は現地の人材会社へ登録する事です。

人材会社経由で仕事を探すのがおすすめの理由とは?

タイには残念ながら日本人経営の企業でも違法な労働条件で働かせたり、はじめの条件と違う内容で雇用をする、いわゆるブラック企業がたくさんあります。
人材会社ではそのようなブラックな求人は取り扱わないですし、条件等の交渉の際は間に入ってくれるため、トラブルが起こりにくいです。
また、インターネットで公開せずに人材会社経由のみで求人を出している企業も多くある為、複数の人材会社に登録する事によって、より多くの選択肢を得ることが出来ます。

 

タイ移住で後悔しない仕事の探し方

では、タイ移住で後悔しない仕事を見つけるにはどのような点に気を付ければいいのでしょうか。
仕事をする上で重きを置くことは人それぞれ違うので一概には言えませんが、「タイ移住」に重きを置きすぎて、VISAが貰えて仕事が出来るなら何でもいいと考えるのは絶対にNGです。
日本での就職活動と同じように、自分のやりたい事や出来る事をしっかり分析し、その上でタイではどのような生活を送りたいのか、どんな働き方がしたいのかを考えて仕事を選ぶのが後悔しないコツではないかと思います。
あとは自分の能力や条件に合う仕事を根気強く探していくだけですが、敢えて万人に共通する仕事選びのポイントとしてお伝えしたい事は2点あります。

タイに移住し後悔された方の実体験はこちらにのせております。

語学不問の仕事はない

タイ語

最初にお伝えしたいのは、タイで働く上で「語学不問」の仕事は無いと思った方が良いという事です。
「何を言っているのだろう。求人サイトに語学不問と書いているじゃないか。」と思った方こそ読んでください。
タイの法律では外国人1名につき4名のタイ人を雇わなければならない義務があります。
ですので、そもそも日本語だけで完結する仕事など、ほぼありません。
一部日本人のみのコールセンターもありますが、これは例外的なもので、一般の企業で働く場合は通訳が居ようが、日本語人材が居ようが、英語やタイ語を使わずにスムーズに成り立つ仕事はほぼ無いと思っておいてください。
ですので、語学不問の仕事というのは、語学力を問われないだけで、タイ語や英語を使わないというのとは少し違うのです。

長期間掲載している求人には注意が必要

次にこれは少し注意すべき点なのですが、長期掲載している求人には条件が良いからと安易に飛びつかない方が良いです。
例えば経験や年齢などに大きなハードルが無く、職場はバンコクの中心地。待遇も良いのに長期間ずっと掲載されている。といった求人。
これはその会社の離職率が高い可能性があります。
離職率が高いということは職場環境が悪い可能性や、掲載されている条件と実際の雇用条件が違っている可能性があることを頭に入れておいた方が良いでしょう。(可能性ですので、全ての求人がそうとは限りません。)

 

タイでの生活費と現地採用の給与

最後にタイでの生活費と、現地採用の給与について簡単に触れておきましょう。

タイ 給与水準

タイでの生活費は月10万円くらい

まずタイでの生活費ですが、バンコクにおいては家賃光熱費や通信料など込みで月10万円前後が相場と言えるでしょう。

1か月のだいたいの内訳としては、

  • 家賃:45,000円(BTS沿線でスクンビット界隈、単身用の1DK、プール・ジム付き)
  • 光熱費(電気+水道代):3,500円
  • 通信費(携帯+自宅インターネット):4,000円
  • 食費:30,000円(1日1,000円くらい)
  • その他交際費など:15,000円(週一回飲み会や会食など)

余裕を持って多めに見積もってこんな感じです。

もちろん昔テレビなどで紹介されていたように、1か月5万円で生活というのもローカルエリアのアパートに住んで、毎日屋台のタイ料理を食べて暮らせば出来ない事もないですが、そんな無理が続く人はなかなかいません。ストレスなく快適に過ごすには10万円くらいの生活費はかかると思っていた方が良いでしょう。

タイの物価水準についてはこちらの記事も参照ください。

現地採用の給与について

最後に現地採用の給与額についてご紹介しておきます。
タイの法律で、タイで働く日本人の給与額は最低50,000バーツ(約17万円)と定められているため、コールセンターなどサービス系のBOI企業を除けば最低50,000バーツが保証されます。
生活費は10万円くらいなので、貯金も十分できますね。
また、日本人が多く働くコールセンターは少し特殊な企業ですので、時給200バーツ(700円)でたくさん残業をしても月給が40,000バーツ(13万6000円)に満たない場合がほとんどです。

 

まとめ

今回はタイでの仕事の探し方について詳しくご紹介しました。
海外で働くというのは日本に住んでいるとハードルの高い事のように考えてしまいがちですが、タイの特にバンコクには約7万人もの日本人が住んでいて、5000を超える日系企業があるので、日本人相手の仕事というのもたくさんあります。
タイへの移住やタイでの仕事探しを漠然と考えている方は、まずはインターネットでどんな仕事があるのかイメージを膨らませる事から始めてみるのはいかがでしょうか。
どんな仕事があるか把握する事で、移住までに自分が日本で出来る事や、勉強しておくべき事など方向性が定まってくる可能性もあります。