1. HOME
  2. ホテル・レストラン
  3. タイに移住|リタイアメントビザの申請方法と条件を解説
ホテル・レストラン
タイ リタイアメントビザ

タイに移住|リタイアメントビザの申請方法と条件を解説

タイへ移住をお考えの方でリタイヤメントビザの取得を検討されている方もいらっしゃるかと思います。50歳以上の長期滞在者向けのビザであるリタイアメントビザ。定年退職後のプランとして考えている方もいるかとは思いますが、いざ手続きをする段階になると、何からすべきなのか、どこから手をつけて良いのかわからない方も多いかと思います。

今回はそんなリタイアメントビザの要件と申請方法について詳しくご紹介していきます。

 

タイのリタイアメントビザ概要

リタイアメントビザとは、50歳以上の方を対象にした長期滞在ビザで、ノンイミグラントOビザや年金ビザとも呼ばれています。
退職をした方向けのビザなので、現地での就労はできません。

50歳以上の方で、一定の預金額があれば申請可能ですので、取得要件としては、年齢さえ超えている方であれば、特に難しい要件はありません。

申請者の多くは定年後にタイへ移住される方、またタイで定年を迎えた外国人の方でそのままタイに定住を希望される方々です。

 

リタイアメントビザの申請条件

リタイアメントビザの申請条件は以下の通り。
1. 年齢が50歳以上
2. 直近3か月のタイ国内の預金額が80万バーツ(約270万円)以上
3. 毎月の年金収入が6.5万バーツ(約22万円)以上
4. 預金と収入の合計が80万バーツ(約270万円)以上
2~4の条件はいずれか一つを満たしていればOKです。

他の国と比較すると年齢制限さえクリアしていれば、預金の要件はさほど高くありません。同じく東南アジアの国で移住先として人気があるマレーシアのリタイアメントビザ(MM2Hビザ)は50才以上の方でも、マレーシア国内に積む定期預金が約400万円必要となります。

また、リタイアメントビザは退職者向けのビザなので、「タイ国内で」仕事をしていない、しないこと事が絶対条件となります。

ただ、裏を返せば、タイ国内で仕事をしなければ良いということですので、日本やタイ以外の国でお仕事をしている、収入があるといったことは問題になりません。日本での事業会社のオーナー社長、日本企業向けのサービスをテレワークで行っているといった方は、お仕事しながらでも、タイのリタイアメントビザを取得することができます。

上記の条件をクリアしている方は、再入国不可の3か月のシングルビザと再入国可能な1年間のマルチプルビザを取得する事ができます。

 

タイのリタイアメントビザの申請方法

次にリタイアメントビザの申請方法についてです。
手順は以下の通り。
1. タイの預金口座の開設
2. 必要書類の準備
3. タイの移民局(イミグレーション)で申請
もともとタイで働いていた方は「1.タイの預金口座の開設」は不要なので、書類を準備してイミグレーションで申請するのみです。
それでは順を追ってご説明していきますね。

1.タイの預金口座の開設

タイ 銀行口座

必要条件にもあるように、リタイアメントビザを取得するにあたってタイの銀行口座に80万バーツを預金しなければいけません。
ですので、タイの銀行口座がない方はまず口座開設からスタートしましょう。

ただ、にわとりが先か、たまごが先かという問題になってしまうのですが、一般的にビザを保有していない外国人が口座を開設できる銀行・支店はあまり多くありません。(日本では信じられませんが、同じ銀行でも、支店が異なると開設可否が変わります。)

そのような中でも比較的、スムーズに口座開設ができるのがバンコク銀行の本店。日本語デスクもあり、日本語で対応してもらうことができます。

  • 口座開設の為の必要書類は以下の通り。
  • パスポート
  • 戸籍記載事項抜粋証明
  • タイバーツ(口座開設時に入金するお金。数千バーツ)

必要書類に関する内容な変更になる可能性もありますので、口座開設前にホームページや電話で問い合わせて確認しましょう。
バンコク銀行Webサイト:https://www.bangkokbank.com/en/Japanese-Section

昨今、バンコク銀行の口座開設にあたっては、運転免許証のタイ語翻訳が求められるようになってきています。運転免許証のタイ語翻訳は、在タイ日本大使館で発行してもらうことができます。日本大使館も日本語で問い合わせをすることができますので、事前に問い合わせをしてからお伺いされることをお勧めいたします。注意頂きたいのは、すでに運転免許証の返納をされてしまった方。2019年当時、返納証明書の翻訳はできないとの、在タイ日本大使館での回答で、わざわざ口座開設のためにタイを訪れたのにも関わらず、口座開設できなかったという方がいらっしゃいました。

在タイ日本大使館Webサイト:https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

たかが銀行口座の開設なのですが、海外で銀行口座を開設することは日に日に難しくなってきております。せっかくのリタイアメントビザ取得のためのタイへの渡航を、無駄にしないためにも、プロのビザ・口座開設サポートを利用することが賢い選択なのかもしれません。

2.必要書類の準備

銀行口座の開設が済んだら、ビザの申請に必要な書類を準備しましょう。
必要書類は全部で6種類あり、日本で取得してきた方がスムーズなものもありますのでタイへの渡航前に揃えられるものは揃えてしまいましょう。

1.資力証明書類(英文)原本とコピー
1-1.タイの銀行口座の過去3か月分の通帳コピーと現残高を証明する銀行発行の書類
1-2.6万5千バーツ以上の年金受給収入の証明書
1-3.タイの銀行口座の預金と年金受給の合計が80万バーツを上回ることの証明書
(1-1~1-3のいずれか1種類の証明書を銀行にて発行してもらえます。)
2.海外からの外貨送金証明書
3.パスポート(有効期限6か月以上、査証欄の余りが2ページ以上)とコピー
4.申請者本人のカラー写真(4×6㎝、背景は白のみ)
5.記入済みのリタイアメントビザ申請書(TM.87という書類。イミグレーションのWebサイトからダウンロード可)
6.英文の経歴書(在タイ日本大使館のWebサイトからダウンロード可)
タイ移民局(イミグレーション)Webサイト:https://www.immigration.go.th/en/
在タイ日本大使館Webサイト:https://www.th.emb-japan.go.jp/

外貨送金証明書については注意!

ここで一点注意が必要な点があります。タイで納める80万バーツ分の預金の持ち込み方法ですが、絶対に税関申告なしで、手運びはしないでください。

上記必要書類にある2.の外貨送金証明書を提出することができなくなってしまいます。2.の外貨送金証明書を取得するためには、日本をはじめとした海外から銀行送金で資金を送金すること、もしくは、タイ入国時に空港で申告の上、タイ国内に持ち込む必要があります。

外貨送金証明書を提出できない場合には、別途タイ国内で収入があったこと(過去お仕事をされていた方、コンドミニアム投資をされていた方などは可能かもしれませんが)などを、たくさんの資料で説明する必要があります。

タイの移民局(イミグレーション)で申請

タイ 役所

書類の準備が済んだら、いよいよタイの移民局へ出発です。
バンコクに住んでいる方はバンコクの北部にあるチェーンワッタナーの移民局を利用します。
ビザの申請には時間がかかりますので、必ず朝一番に訪れましょう。
中へ入ったら番号札を貰って自分の順番が来たら、申請書類と申請料(2,000バーツ)を担当の方へ渡します。
受理されれば第一ステップのシングルビザ(有効期限3か月)の獲得です!

 

リタイアメントビザの更新方法

リタイアメントビザの手順として、まずは3か月のシングルビザを取得し、その後1年有効なマルチプルビザを取得するという流れになります。
ですので、全ての人がビザ取得後3か月以内にビザの更新という手順を迎えます。
ビザの更新時に必要な書類は取得時とほぼ変わりませんが、銀行の証明書は再度取得する必要があります。
また、イミグレーションへ提出する書類はTM.87からTM.7へと変わるので注意が必要です。

 

まとめ

今回はリタイアメントビザの申請方法を詳しく解説しました。
必要書類もたくさんあって、手続きもすべて英語かタイ語で行わなければいけないとなるとなかなか面倒です。
また、ビザの申請は書類の不備や不足などの問題が起こりやすく、これは移民局の担当者ベースで言う事がコロコロ変わったりして、事前に電話で確認していても当日行ってみたら全然違う書類を要求されるなんてこともざらです。なんならこれはタイあるあると言っても過言ではありません。
かなりの時間と労力を使う割に、自力で行う事のメリットとしては申請時のコストがかなり安く済むという事くらいですので、それなら数万円はかかるけれど専門の代行業者に依頼してサポートして貰う方がストレスなくスムーズにビザを取得できるでしょう。当サイトでもリタイヤメントビザの申請代行をお手伝いさせて頂いておりますので、ご興味がありましたら一度お問い合わせ頂ければと思います。

まだ年齢が50歳に達していない方は、リタイヤメントビザの他にもタイエリートカード会員になるというビザの取得方法もあります。

リタイヤメントビザとエリートカードの比較はこちらをご覧ください。


エリートカードの詳細につきましてはこちらをご覧ください。

 

一生涯有効なエリートカードにつきましては、こちらをご覧ください。

一生有効な特別なエリートカード