1. HOME
  2. 移住・ビザ
  3. 老後にタイに移住 気になるタイの医療事情
移住・ビザ
タイ 病院

老後にタイに移住 気になるタイの医療事情

移住・ビザ

349

年を取るにつれて病院に行く機会も増えるもの。定年退職後にタイ移住を考えている方にとって、タイの医療事情は気になる点の一つではないでしょうか。
今回はタイの医療事情と、もしもの時の為に備えておくべき保険についてお話ししていきます。

 

気になるタイの医療レベル

タイのバンコクは大都会ですが、そうは言っても東南アジアの国の一つ。日本に比べて医療レベルが劣るのではないかと心配な方も多いでしょう。
結論から言うと、タイの医療レベルはアジアトップクラスの高水準です。
タイの有名私立病院で診察をしてくれる多くの医師は、アメリカなどの医療先進国へ留学していた経験のある方も多く、先進技術に関するノウハウも豊富です。
また、タイはJCIに認定されている病院の数が世界で5番目に多く、東アジアと東南アジアに限定した場合は中国に次いで2番目です。
その数は日本の約2.5倍にのぼりますので、JCI認定病院に関して言えば日本よりもレベルが高いと言えるでしょう。

バンコクの病院・医療施設事情をご紹介

タイ 医療

タイ・バンコクの病院は大きく分けると2種類に分かれます。
一つは社会保険が適応されて安い治療費で診察を受けられる公立病院。
そしてもう一つは高水準の医療レベルだけでなく、ハイクオリティなサービスやファシリティを完備する私立病院です。
私立病院の入院施設はまるでホテルのようです。付き添いの方のようのベッドも完備されており、室内にシャワーやキッチンまで用意されているところもあります。
ちょっと自転車やバイクで転んだだけでも、車いすなどまで用意してくれたりするため、恐縮してしまうぐらいのサービスの良さです。

日本人をはじめとして、外国人が私立病院を利用する、理由として挙げられるのは主に以下の3点です。

  • 高水準の医療レベル
  • 通訳常駐で言葉の心配が少ない
  • 手厚いサービスが整っており、安心して受診できる

安くて社会保険が適応される公立病院も医療レベルで言うと悪いものではないのですが、日本語はもちろんの事、英語も通じない病院スタッフが多い為不安が付いて回ります。
タイ語をしっかり理解できる方にとっては問題無いかもしれませんが、タイ語が初級から中級レベルの方であれば、日本語で通訳をしてもらえる病院へ行った方が、安心度が高いと言えるでしょう。
もちろん日本人をはじめとする外国人が多く利用する私立病院は公立病院に比べて医療費が高く、日本人専用病棟があるサミティベート病院に関してはタイで最も医療費が高い病院とも言われています。
しかし、事前に医療保険に加入していれば手厚い診断やサービスもキャッシュレスで受ける事が可能ですので、次の項目では移住の際に加入しておきたい医療保険についてご紹介します。

日本語でも受信可能な総合病院についてはこちらをご覧ください。

 

移住前に必ず入っておきたい医療保険

タイの病院で活用できる医療保険に加入しておけば、もしもの時に病院へ行っても高額な治療費の事を気にすることなく診察を受けられます。
では、タイで活用できる医療保険にはどのようなものがあるのでしょうか。

タイで活用できる医療保険
タイで活用できる医療保険は主に3種類。

  • 日本の国民健康保険
  • 長期の海外旅行保険
  • タイの民間医療保険

それぞれがどのようなものなのか簡単にご説明しますね。

日本の国民健康保険

日本の社会保険では、タイの病院でキャッシュレス診察を受ける事はできないのですが、診断書や領収書を保管しておいて日本一時帰国時に申請をすれば、治療費の一部が返ってきます。
また、日本一時帰国時にかかりつけの病院を受診する事も出来ますので、多くのメリットがあります。
もちろん日本の社会保険で適応される治療内容で、返金額も日本の負担額と同じ3割負担にはなりますので全額ではありませんが、持病があって定期的に病院に行かなければならない方などにとっては活用する他ない制度でしょう。
デメリットを挙げるとすれば、診察代の請求時に診断書の日本語訳や専用の書類への記入等少々面倒な手続きがある事でしょうか。

長期の海外旅行保険

海外旅行保険

タイに赴任してきた駐在員の多くが加入している長期の海外旅行保険。こちらは多くの保険会社が最長2年間のプランを用意しています。
保険料は日本の社会保険料に比べても高くなりますが、病院へ行ったときだけでなく現地での盗難や、飛行機の遅延やロストバッゲージなど、海外旅行に関するあらゆるトラブルに対応してもらえるのがメリットのひとつです。(プランによる)
24時間サポートデスクでトラブル発生時に対応してくれるサービスを設けている保険会社もありますので、初めての海外生活の場合は渡航前に申し込んでおくと色々と安心です。

海外旅行保険の比較についてはこちらをご覧ください。

タイの民間医療保険

タイの民間医療保険も、海外旅行保険と同じように病院での診察をキャッシュレスで受けられたり、高度先進医療やICUの利用などにも適応して貰える保険が豊富です。
タイに進出している日系の保険会社も数社ありますので、言葉の面で不安な方は日本人スタッフが常駐している保険会社を調べて問い合わせをすれば、加入時も安心です。
海外旅行保険よりも価格が安くプランが豊富なので、社会保険と併用して加入されている方が多いです。

タイでの民間医療保険への加入方法はこちらをご覧ください。

 

まとめ

今回はタイの医療事情について詳しくご紹介し、タイ移住の際に検討しておきたい保険について簡単にお話ししました。
日本ではあまり病院に行く機会も無く、健康そのものだったとしても環境が変われば体調も変わるものです。
また、老後となると持病が出てきたり病気が治りにくくなったりと、若い頃とは違った悩みも色々と出てくるでしょう。
日本人でも安心して利用できる病院はどんなところがあるのか、また、医療費はどれくらいかかるのか事前に知っておくことで、何かあった時の助けになればと思います。