1. HOME
  2. 移住・ビザ
  3. 【タイ移住体験インタビュー】タイに移住|旦那さんもタイでみつけ大好きな犬とともに暮らす
移住・ビザ

【タイ移住体験インタビュー】タイに移住|旦那さんもタイでみつけ大好きな犬とともに暮らす

移住・ビザ

76

今回は2014年からタイに5年ほどお住いのMさんにお話をお伺いいたしました。

タイにきてどれくらいたつのでしょうか。

2014年の12月にタイにきてから、現在まで約5年ほど滞在しています。タイに滞在をはじめてからずっと、日系コールセンターでお仕事をさせていただいています。
仕事はバンコクの日系の会社に勤めています。ずっと長らく1社で働いていています。コールセンターで仕事をしていていて、業務内容が品質管理の部署に異動したので、現在は在宅で仕事をしています。

タイに移住しようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか。

特にタイにこだわりがあったわけではなかったんです。タイには旅行で何回か来ていて好きな国だなーとの印象はあったのですが、どうしてもタイに住みたいというほどタイが好きだったかというと、実はそうでもなかったです。
当時、日本で失恋したこともあり、どこでもいいから外国に住めないか、けど仕事はしないといけないと考えたところ、英語などの外国語があまり得意でない友人がタイで仕事をみつけていたことを思い出し、タイでの就職先を探し始めました。

タイに5年も住んでいる、タイの魅力を教えてください。

こちらもあまり期待に応えられない答えかもしれず恐縮なのですが、こちらにきて半年ぐらいたったときには、本当に日本に帰りたい、ホームシックにかかりました。給与もあまり高くないのですが、最初は観光気分で、ルーフトップバーや高級レストランにいくことも良くあり、あっという間に金欠に。。。最初のうちは屋台のタイ料理が口にあわず、なんでこんなところでつらい思いをしているのだろうと、本当に帰りたかった時期がありました。
そんな時にタイで知り合った、日本人と結婚することになり、旦那の仕事の関係もあり、そのままタイに住んでおります。

旦那さんはどのようなお仕事をされているのでしょうか。

旦那も日本からの駐在ではなく、自分で希望してタイにきた現地採用組です。日系の商社で働いており、現在はプラチンブリという、バンコクから3時間ぐらいのところで、工場立ち上げの責任者をしています。もともとはバンコク勤務で一緒に住んでいたのですが、プラチンブリ勤務になってから、私もバンコクでの仕事があるため別居生活になってしまいました。

最初はつらかったタイ生活ですが、5年も住むことができているのは、どのような理由があるのでしょうか。

一番は経済的な面が大きいと思います。本当に一人のときは金銭的につらく食べたくないタイ料理を仕方なく食べていた。という気持ちが強かったのですが、結婚してからは、日本食を食べに行く余裕もできたので、気持ちにゆとりができてきました。不思議とタイ料理も美味しく感じるようになってきて、今では屋台でもストレスなく食べています。
あとはタイ人の優しい気質と、バンコクには日本人も多いので、タイ語、英語がほとんどしゃべることができなくとも暮らしていくことができることでしょうか。タイ語は当初、一生懸命勉強していたのですが、生活に困らなくなると、途端に勉強しなくなってしまいました。

今後どのくらいタイにいらっしゃるお考えでしょうか。

旦那がプラチンブリの工場立ち上げ責任者ということで、あと3年間は動くことはできないと思っています。また、犬を13匹ほど飼いはじめてしまったため、日本に連れて帰るのも大変なので、この犬たちの最後を看取るまでは、タイにいようかなと思っています。

金銭的につらかったという収入はどれぐらいだったのでしょうか。

タイにきた当初は月給3万バーツという条件で就職しました。タイは生活費が安いということで、十分生活できると思って、きてしまったのですが…
3万バーツで十分生活できるというのは、タイ人と同じような生活ができることが条件なので、屋台のタイ料理も楽しんで食べることができる方向けとなります。タイに現地採用で移住を考えられている方は、一般的なタイは物価が安いという情報だけではなく、もっとしっかり調べてから、就職、移住を決められることをお勧めいたします。

現在、タイでの食事はどうされているのでしょうか。

旦那のプラチンブリの家に行くときは自炊もしますが、バンコクにいるときはほとんど外食です。タイのコンドミニアムのほとんどは電気調理器を使っていることもあり、意外と材料費や電気代などを考えると、外食の方が安く済んでしまったりします。
日本食は一人でいくと少し寂しい気分になるのと、食費もかさむため、旦那がバンコクに戻ってきた時に行くぐらいになっています。

現在のタイでの生活費について教えてもらえますか。

バンコクのコンドミニアムを13,500バーツで借りています。エアコンもあまり使わないため、電気代が500バーツ/月ぐらい、ほか食事は1か月5000バーツを目標に頑張っています。旦那が住んでいるプラチンブリの家は会社負担ですが、食費や会社関係の付き合いもあるので、1か月で5万バーツは使って暮らしていると思います。犬11匹の食費も含まれているので、意外と旦那が使っているお金は少ないかもしれません(笑)

タイでのビザ、日本の社会保険などはどうされているのでしょうか。

コールセンターの会社からビザをもらって働いています。日本の社会保険については、あまり知識がなく最近まで住民票を残し、健康保険も年金も支払い義務があることも気づかず放置していました。お恥ずかしいのですが、親が見かねて支払いをしていてくれたようですが、前回、日本に戻った際に住民票をぬき、支払いをとめています。
タイでの医療保険は、会社で加入している社会保険にはいっています。指定病院にはなりますが、治療を受けることができるので大きな問題は感じておりません。旦那は会社が日本の保険会社の海外旅行保険料も負担してくれているようです。

最後に、タイで新しく挑戦したいことはありますか?

仕事も在宅勤務となり1日に3-4時間の仕事となったこともあり、現在はのんびりと暮らしていますが、できれば、メンタルセラピー系の資格をとりたいなと思っています。もともと興味があったのですが、タイでも日本人向けのメンタルセラピーの仕事も増えてきているようで、資格を取得することで、新しい仕事に挑戦することができればと思っています。